トピック
topic

口臭の原因のほとんどが、口内に生息する細菌です。直接歯を磨いたり、臭いを抑えるうがい薬を使う方法が一般的ですが、普段から効果的な方法で水を飲むだけでも、簡単かつ手軽な口臭対策が可能です。

口臭の原因を取り除くには水を飲むのが効果的

水の入ったコップを持つ男性

口臭の代表的な原因には虫歯や歯周病のほか舌苔などがありますが、胃炎や糖尿病など罹患している病気が影響していることもあります。しかし実際には口内と喉からきてるケースがほとんどで、水を飲むだけでも臭いを緩和することが可能です。

直接臭いに作用しているのは揮発性硫黄化合物で、別名口臭ガスとも呼ばれています。原因は歯垢や舌苔のほか、膿栓や膿汁です。これらを原因とする口臭は、実に全体の9割を占めると言われています。

舌苔は舌の上に付着する白い苔のような物質で、主に食べカスや飲料物をエサとして細菌が繁殖した集合体です。口臭の原因となることが多いため、舌苔を取り除くことは口臭予防の基本となります。水だけでは完全に舌苔を取り除くことはできませんが、食後や臭いの強い飲み物を飲んだ後すぐに水を飲んだり、口内をすすぐだけでも臭いのもとをある程度洗い流すことが可能です。

舌苔の原因となっているものに歯周病菌があり、唾液が分泌されない睡眠中に増殖し、起床時の口臭の原因となってしまうため、しっかりとした歯磨きによる口腔ケアが重要となります。このため朝起きてすぐに水を飲むと、口内の雑菌を洗い流すことができるため口臭対策には有効です。

これらに続いて多いのが膿栓や膿汁です。俗に臭い玉と呼ばれているもので、喉の扁桃腺部分の窪みに付着します。白血球が細菌やウイルスを被い死滅したものの塊ですから、身体の免疫系が正常に機能している証ですが、これらができないように対策することは難しいため、自然に排出されるのを待つしかありません。口内に細菌やウイルスが入り込まないよう気をつけると多少は改善されるため、歯周病の治療や口呼吸しないよう意識することで効果を発揮します。膿栓や膿汁についても、水を飲んだりうがいをすることで一部を洗い流すことができます。

普段は唾液によって口内が清潔に保たれ、それが口臭予防にも繋がっており、水で洗い流すことは唾液と同じ役割と言えます。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、ビジネスマンの口臭対策の一つとしておすすめな「ウォーターサーバー」をランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36ヶ月以内の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37ヶ月目以降/36ヶ月を超えてお使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射性物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:楽水

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:アルピナウォーター

楽水ウォーターサーバー
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。