トピック
topic

口臭の原因は幅広く、食生活や生活習慣、病気などが引き金になっていることが多いのですが、心理的な要因がある場合には口臭がしていなくてもにおいが気になる場合があるので早めに専門の医師に相談するようにしましょう。

気になる口臭の原因

ストレスを感じるビジネスマン

呼吸や会話をしているときに口から発生する悪臭は、口臭と呼ばれており自分では発生していることに気付きにくいことが特徴です。他人のにおいには敏感でも自分の匂いには鈍感なことが多く、周囲の人や会話の相手に不快感を与えてしまうことがあります。口臭の原因にはいくつかの種類があり、ひとつだけでなく複数の原因が合わさっていることもあります。原因を知ることで対策ができる場合も多くにおいを解消するように心掛けることが大切です。

一般的な口のにおいとして多いのが生理的口臭です。口の中の唾液が減少することで口の中を殺菌したり、洗浄したりすることができなくなる状態で、起床時や空腹時、緊張時には生理的に唾液が減少するため、口の中に菌が繁殖しやすくなり、においの原因になります。食事や歯磨き、会話をして唾液の分泌を促してあげたり、水分を補給して口の中をうるおしたりすることが予防になります。

虫歯や歯周病などで、歯茎や神経などが化膿して膿が出ている状態や歯垢が固まって形成される歯石、ドライマウスなど唾液の異常など病的な原因がにおいを発生させている場合もあります。また、胃炎や胃潰瘍など胃腸系の病気が原因でにおいが発生することもあります。口のにおいが気になる場合には早めに思い当たる原因について病院で相談することをおすすめします。食べ物や飲酒、喫煙など食生活や生活習慣など外的な原因によるにおいの場合には、飲酒や喫煙習慣を見直すことが重要な対策です。

トラウマや精神不安、ストレスなど心理的要因が引き金になる場合もあります。実際に強い匂いがしているわけではないのに、においが気になって仕方がない場合には、口臭の専門外来で検査をしても異常が見つからないことが多く、さらに症状を悪化させてしまうこともあります。口臭外来や精神科などで早めに治療を受けて心理的な要因を取り除くことがとても大切です。