口臭に気を付けるビジネスマン
トピック
topic

ビジネスマンは口臭に気を付ける必要があります。そのためには発生する原因を把握しておかなければなりません。いろいろな原因がありますが、対策のポイントになるのはウォーターサーバーの導入です。

注目記事
pickup

無意識に自分が発している臭いが、周囲の人を不快な気分にさせていることは少なくありません。ビジネスマンは相手に悪い印象を与えるわけにはいかないので、こまめに臭いのチェックをすることも多いでしょう。しかし体臭には気付くことができても、口臭は分からないというケースがよくあります。昔であれば陰口を言われる程度で済んだかもしれませんが、現代ではハラスメントの一つとして問題視される恐れがあります。そのような事態を避けたいのであれば、口臭の原因を突き止めて対策をしておくことが大切です。また、ウォーターサーバーが対策として役立つことも知っておくと良いでしょう。今回はビジネスマンが口臭によって困らないように、原因や対策のポイントをチェックしていきます。

口内環境が不衛生であることが大きな原因!

口臭が気になる男性

口臭にはさまざまな原因がありますが、その中でも特に多いのが口の中で雑菌が繁殖してしまうことです。歯並びには個人差がありますが歯の間には隙間が存在するので、多かれ少なかれ誰でも汚れが溜まっていきます。汚れが少ないと感じている場合でも、細かいものが多く詰まっていることがあるので要注意です。たとえば食べた後の残りカスや口内から剥がれ落ちた細胞なども汚れになります。汚れ自体が発する臭いも口臭になりえますが、大きな原因になるのは汚れを養分として雑菌が繁殖してしまうことです。雑菌は養分を吸収しながら元気に活動を続けます。そのときに臭いを発する原因を生み出すことが多く、それが口から出ていくことにより口臭になるのです。

少しの汚れであれば、放っておいても唾液による自浄作用で綺麗になります。ところが歯の隙間が多くて汚れが大量に溜まっていると自浄作用だけでは不十分です。残った汚れは少しずつ蓄積していき、密かに雑菌が繁殖を始めます。最初は少なかった雑菌もしばらくすると最初の何千倍にも増えてしまいます。そうすると生み出される臭いの量も爆発的に増えることになるので注意してください。自分では原因に気付いていなくても、凄まじい口臭を発する状態が慢性化している恐れがあります。そうなる前にしっかり対策をすることが非常に重要です。歯磨きをしっかり行うのはもちろんですが、定期的に歯間ブラシも活用しましょう。原因である雑菌の養分となる汚れを口内に残さないことが大事です。ビジネスマンは忙しいので歯磨きに十分な時間をかけていないケースも見受けられます。消臭用のガムやスプレーを用いてごまかしている人も少なくないでしょう。確かにそのようなグッズを用いることを検討すると良いですが、それだけでは根本的な解決にはなりません。たとえ時間がなくても、こまめにブラッシングを行うことが何よりも大切です。昼食後は歯磨きをパスする人が多いですが、少しでも良いので磨くようにしておきましょう。帰宅して歯磨きをするまでの間に雑菌が大量に繁殖してしまうリスクがあるからです。その間に会う人に悪い印象を与える可能性が高まります。

また帰宅後の歯磨きにも気を使わなければなりません。油断していると汚れが残った状態になってしまいます。そうすると就寝中に雑菌が大量に繁殖してしまって、朝になって起きるころには凄まじい口臭を出すようになっている可能性が高いです。そのような大きな原因を無視して会社に行くのは避けなければなりません。就寝前には適量の歯磨き粉をつけてブラッシングを行い、綺麗な水でしっかり口内をすすぎましょう。綺麗な水はウォーターサーバーを設置しておくと利用しやすくなります。後述するように水分補給も口臭対策になりますが、歯磨きをするときも役に立つことはウォーターサーバーを導入する大きなメリットと考えられます。

虫歯や歯周病も原因!早めの治療がポイント

虫歯になった男性

虫歯が原因で口臭を発しているビジネスマンも多いです。虫歯というと、症状は歯が痛むことだけであると考えている人が多く見られます。たしかに痛みを伴うのが一般的ですが、悪臭を生み出すことも無視できな重要な症状です。普段は口臭がしない人でも、虫歯になったときは油断してはいけません。虫歯と臭いの関係がよく分からない場合は、納豆をイメージすると良いでしょう。調理をしていない大豆はそれほど臭いは強くありません。しかし発酵して納豆になると独特の臭みを出すようになります。虫歯が悪臭を生み出す原因も、発酵という現象が大きく関係していることを覚えておきましょう。また、そもそも虫歯がどういうもの状態なのかを知っておくことも大事なポイントです。虫歯は、虫歯菌とよばれる菌が歯を溶かすことが原因で進行していきます。そして溶かした成分が発酵することによって悪臭が出るようになるのです。

虫歯と並んで口内の悪い状態として有名なのは歯周病です。歯周病も口臭の原因となるので気を付けましょう。これを理解するには歯周ポケットについて知る必要があります。歯と歯茎が接している部分にはへこみがあり、歯周ポケットとよばれています。そこは汚れが溜まっていきやすい形状であり、歯磨きをしても奥に入り込んだ汚れは取り除けないケースが多いです。汚れが蓄積していくと雑菌が繁殖してしまうので、歯周ポケットが悪臭の発生源になってしまいます。複数の歯周ポケットがそのような状態になると、かなりの悪臭を発することになるので収拾が付かなくなります。さらに歯周病が進行すると事態はさらに深刻になるので注意してください。血液や海が歯茎から湧き出るようになると、それらも口臭の源になりかねません。虫歯と歯周病もブラッシングを丁寧に行うことが対策の基本ですが、すでに進行している場合はそれだけでは改善を見込めないです。できるだけ早く歯科に行って診察を受けて治療してもらいましょう。そのときに口臭が気になることも相談すると良いです。

口臭がするだけでも相手を不快にさせますが、虫歯や歯周病は見た目にも悪影響を及ぼすことがあります。嗅覚と視覚の両方で悪い印象を与えてしまうと、今後のイメージアップはとても難しくなるでしょう。ビジネスマンとして活躍するどころか、不衛生な人物として社内で有名になってしまうかもしれません。そのような状態になる前に、しっかり改善に取り組むのが得策です。ウォーターサーバーで水分補給をこまめに行うだけでも、歯や歯茎の汚れは取れやすくなります。水を飲むときの勢いである程度は洗い流されるからです。ジュースやコーヒーなどでも洗い流すことは可能ですが、糖分などの細かな粒子が歯や歯茎に付着してしまいます。そのため虫歯や歯周病を助長するような成分の入っていないウォーターサーバーの水を使うのが望ましいです。

タバコも代表的な原因!ヘビースモーカーは要注意

喫煙する人

ドラマや映画などで、ビジネスマンが格好よくタバコを吸うシーンを見て憧れている人もいるでしょう。しかしタバコも口臭の原因になるので、できるだけ吸わないようにする方が良いです。単純にヤニの臭いが口内にこびり付くことも原因の一つですが、それ以外にも口臭を強くする原因があります。喫煙を繰り返していると、唾液に悪い影響が出てくるようになります。唾液には悪い雑菌に対する免疫力があるのですが、その機能を大きく低下させることがあるのです。つまり唾液が本来の役割を果たせなくなることで、口内の雑菌が増えやすくなるリスクが高まります。その状態が続くと、舌の上に苔ができることになりやすいです。さらにタバコに含まれるニコチンの働きによって、舌に関係する毛細血管が細くなることも大きなデメリットです。このような影響が積み重なっていくことで、口臭が次第に強くなっていきます。

また、タバコによる悪影響として舌が乾燥してしまうことも挙げられます。そうすると、前述の苔ができる症状も進行していきます。歯周病の原因となる菌も増加するので、歯周ポケットからの悪臭を助長することにもなるので気を付けてください。ヘビースモーカーの場合は、ここに挙げた症状がすべて生じているかもしれません。そのような自覚があるなら、しっかり対策をすることが欠かせません。いろいろな対策方法がありますが、基本となるのは水を飲みながら吸うことです。タバコを吸うことによって、付着するタールやニコチンを水で体内に向けて流せるからです。もちろん吸うたびに外に水をはき出せるなら、飲むよりそうする方が望ましいです。どちらも難しいのであれば、タバコをすべて吸い終わったら、しっかり口をすすぐようにしましょう。どの方法であっても、ウォーターサーバーの綺麗な水を使うのがおすすめです。間違ってもコーヒーなどで代用しようとはしないでください。タバコとコーヒーの臭いが混じり合って口臭が強くなってしまう恐れがあります。さらに利尿作用がある点もコーヒーのデメリットとして挙げられます。コーヒーに限らず利尿作用がある飲み物はなるべく避けなければなりません。乾燥を促すことになるので口臭が強くなってしまう可能性があります。

水を用意できない場合は強制的に唾液の量を増やすことを考えましょう。ガムを噛むと唾液が分泌しやすくなりますが、虫歯になるのを避ける必要があるので、なるべく糖分の入っていないものを選ぶことが大切です。シュガーレスと明記されているものを選ぶと良いでしょう。また酸味のあるものをイメージすることも効果的です。うめぼしなどの酸っぱい食品をリアルに想像すれば、唾液が自然と溢れてきます。ただし、これはあくまでも応急処置に過ぎません。ウォーターサーバーなど水を使える場所に行ったら、すぐに飲んだり口を漱いだりしてください。

ウォーターサーバーが対策として非常に有効!

口臭対策にウォーターサーバー

ここまで口臭の原因と対策を紹介してきましたが、それらに共通している点があります。水分の補給が非常に大切であるということです。ビジネスマンが口臭を発してしまい、スメルハラスメントとして非難されないようにするには、こまめに水分を取れる環境を構築しておく必要があります。そこでポイントになるのがウォーターサーバーの導入です。原因が明確な場合はもちろんですが、そうでない場合も導入しておくと改善できる可能性が高まります。たとえば飲酒の習慣がある人も改善できるケースが見受けられます。アルコールも原因の一つであり、飲み過ぎると口臭が強くなってしまうからです。アルコールを摂取しすぎると、分解するために水分が大量に消費されるので乾燥しやすくなってしまいます。この場合もウォーターサーバーを使って水分補給をしっかり行っていると、乾燥がひどくなるのを防ぐことが可能です。

水分は唾液を作るのに欠かせない材料なので、不足すると口臭の発生に直結することになります。しかし緊張やストレスをはじめとして、唾液が減ってしまう原因はたくさんあります。ビジネスマンの活動はストレスとの戦いと言われることも多いです。プレゼンや取り引きなど緊張する場面に遭遇するのは日常茶飯事です。緊張が解けるのと同時に、急に喉が渇いていることを実感した経験は誰にでもあるでしょう。つまりさまざまな原因があるので、どれに対しても有効と考えられるアプローチを選択しておくのが理想的です。そう考えると、やはり唾液を増やす材料である水を飲みやすくする方法に辿り着きます。水筒を持ち歩くのも一つの手ですが、そこに入れる水は綺麗でなければなりません。そのため家庭にもウォーターサーバーを導入しておくのが望ましいと考えられます。特に共働きの場合は、夫と妻の両方にとって大きなメリットがあります。会社に導入してもらうと同時に家庭にも導入しておけば、口臭で困る事態に陥ることをずいぶん回避しやすくなるでしょう。

寝ている子ども

さらに家庭に導入することには隠れたメリットがあります。それは子どもに対する大きな心遣いになることです。タバコを子どもの前で吸うことを避ける人は多いですが、口臭を気にする人は多くありません。幼い子どもの嗅覚は敏感であり、これから発達していくので大切に扱わなければなりません。親は子どもと近距離で接することが非常に多いため、口臭を放ち続けると嗅覚を鈍らせる原因になってしまいます。そのため共働きの家庭でしかも子どもがいるのであれば、ウォーターサーバーを導入するメリットは非常に大きいと考えられます。導入を検討しているのであれば、子どものことも視野に入れて判断すると良いでしょう。今回紹介したようにビジネスマンにとって口臭は大きな敵であり、それを減らすために活躍するのがウォーターサーバーということです。

水道直結型(ボトルレス)ウォーターサーバーおすすめランキング

ここでは、ビジネスマンの口臭対策の一つとしておすすめな「ウォーターサーバー」をランキング形式でご紹介します。

1位:Cool Qoo(クールクー)

初期費用4,200円(税別)~
月額費用4,200円(税別)~
電気代月800円ほど
メンテナンス代年1回(無料)
解約金ご契約から36か月未満の早期解約の場合には、早期解約手数料として1年以内30,000円(税別)、2年以内20,000円(税別)、3年以内10,000円(税別)がかかります。37か月以上お使いいただいた場合には、早期解約手数料はかかりません。

撤去費用は、10,000円(税別)となっております。

Cool Qooは、水道に直結できる自動給水型ウォーターサーバーです。ウォーターサーバーというと、ボトルが必要で面倒というイメージをお持ちの方も多いでしょう。しかしCool Qooの場合は水道に直結させることができますし、放射能物質まで除去することができる濾過フィルターを搭載しているため、安全な水を利用することができます。

2位:楽水

ピュアウェーブ
初期費用無料
月額費用4,200円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は違約金が発生

ピュアウェーブも、1位のCool Qoo同様に、水道に直結して使用することができるウォーターサーバーです。そのため、ボトルは必要ありません。活性炭と逆浸透膜によるROフィルターによって限りなく純水に近い水を作り出すことができます。

3位:アルピナウォーター

楽水ウォーターサーバー
初期費用無料
月額費用4,250円(税別)
電気代月1,000円ほど
メンテナンス代無料
解約金3年以内に解約の場合は、残り契約月数×レンタル料の40パーセントの違約金が発生

楽水も、Cool Qooやピュアウェーブと同じように水道直結が可能なウォーターサーバーです。楽水には3種類のフィルターが備わっているため、水道水に含まれているサビやホコリはもちろんのこと、活性炭の吸着力によって塩素などの物質やにおいも除去することができます。